11月3日、井の頭公園野外ステージで

ライブコンサート&演舞 百年元氣!食菜フェスタ2018を盛り上げて下さるみなさんです。

出演者情報 11月3日(土)10:00~16:00

10:10~

【団体名】極真会館東京城塞支部

https://ameblo.jp/kyokushin-jousai/
極真会館 東京城西支部吉祥寺道場少年部
農家の方々がこだわりやプライドを持って仕事をしてくださるおかげで、
我々消費者は美味しい野菜が食べる事ができます。
これからも美味しい野菜を作って下さい!

10:45~

【団体名】トモロウ

「元氣ですかー!!」
元氣があればトモにハモれる!
肉体的にも精神的にも元氣は食べ物から。
こだわりのある元氣な食材を提供いただける生産者の方々も、
それをたくさn消費する消費者もどんどん増えてほしいと願います!

 

11:20~

【団体名】ヨーキーズ  フォルクローレには,地域の風土や人々の往来から生まれた,多種多様なリズムがあります。
大地の恵みを感じられる演奏で,農業を盛り上げたいと思います。

12:05~

【団体名】KaRaLi(カラリ)

http://www.karali.info
毎年たくさんの農業にたずさわる方々にお会いできるのを楽しみにしています。
昨年も新たな農家さんとの出会いもあり、日々の「食」について考える
とても良い機会となりました。
パワフルに全国で活躍されている農家のみなさんに今年もパワーをもらいたいと思います!


12:45~

【団体名】Amor de gitano (アモール デ ヒターノ)

https://chiharubelly.jimdo.com/
種子法が廃止になり、益々日本の農業が危機に瀕していってると思っています。
一人でも多くの方に、より良い安全で美味しい野菜やお米などの食があることを
知ってもらい、提供できて、広まっていくことを心より応援しています!!

13:20~

【団体名】田口 理恵

https://profile.ameba.jp/ameba/rie-taguchi
「この食菜フェスに出演させて頂いて、今年で3回目となります。
普段なかなか触れ合えない生産者の皆様と触れ合える時間で、私もとても楽しみにしています!
毎回、農家の皆様がどんなに心を込めて作ってらっしゃるのか、志を持って作ってらっしゃるのか、
そんな事を肌で感じて、色々教わったりして、何気なく食べている物にも気を配るようになりました。
ミュージシャンは身体が資本!これからも少しでも身体に良い物を食べて、良い音楽を長く長く発信していけるように頑張ります!
そんな私達の為に、どうぞ農家の皆様、
是非是非これからも身体に良いこだわりの食べ物を作って下さいね。応援しています!」

14:05~

【団体名】Ishtar

子供から大人まで、生きる為に必要不可欠な、
「食」を支えて下さっている皆様に多大なる感謝をしております。
 今、身近に沢山の食べ物が溢れていますが、
安心、安全な物を自ら吟味して行かなければ行けない時代になっていると思います。
 皆様の知識を、より多くの子供たち等に届けるお手伝いが出来ればと思っております。
ベリーダンスには豊穣祈願等の意味もありますので、一生懸命踊らせて頂きます。

 

14:50~

【団体名】スマイル二郎(すまいるじろう)

私は数年前に「ふるさとイベント協議会」のNPOに所属してから
人生で初めて無農薬の田植えや稲刈り体験をしました。
そこで、田植えから稲刈りまでの間に3回草取りをやったにも関わらず、
稲刈り時には雑草が一杯になっており、お米を作るってこんなに大変なのかと言うことを知りました。
それからは、ごはんや食べ物を大事にするようになり、食べ物に対して感謝もするようになりました。
今まで生産者の皆様は本当に苦労されてきたかと思いますが、
最近は多少値段が高くても健康に良いものを買い求める消費者が
増えてきたので、更に安くて安全な農産物や品物を提供して欲しいと思います。
頑張ってください、応援しています。


15:25~

【団体名】北谷 和子 with Doce Luce

http://www.kazukokitatani.com/
美味しくて、身体に良い食べ物。
言うのは簡単だがそれを生産する農家の皆さんは、日々様々な事に格闘されていると思う。
農薬を使わない、減農薬する、非化学肥料で栽培するなど、科学的な面での栽培方法との格闘。
今年のように台風が多い、気候不順の年は、天候との格闘。
市場に出し、売る為のマーケティングという商売との格闘。
こだわり農家さんの野菜、米、味噌、ワインなどには沢山の物語、そして思いが込められている。
これらは食べるアート作品なのだと思う。
こだわり農家さんの生産品は、素晴らしいアート作品のようではあるが、
そこに食して楽しむ、身体も喜ぶという、私達に生きる喜びも与えてくれる。
ご苦労の多いこだわり農家さんの存在を、そして生産品の数々をもっと多くの
人々に知ってもらい、喜びを分かち合えることを願っている。

フィナーレ

お野菜音頭 を、みんなで。

 

https://goo.gl/gKk6d4



地図